ご利用案内

乳腺外科

当院の乳腺外科の基本は、神奈川県立がんセンター乳腺外科との連携です。
乳房に異常を感じた方の診察、各種乳がん検診で要精検となった方の精密検査を行い、
乳がんと診断された方、もしくはその疑いの濃い方を原則として神奈川県立がんセンターへ紹介して治療をお願いしています。
当院で可能な精密検査は、基本であるマンモグラフィー、エコー(超音波)検査に加え、
乳管造影、MRI、CT,等の画像検査と、穿刺吸引細胞診による細胞学的検査、針生検、局所麻酔科下摘出生検による病理学的検査です。
(ステレオマンモトーム生検はできません)
また、乳がん術後の定期検診は一生必要と言われていますが、乳がん手術を行っている病院が、
手術を行った全ての患者さまの定期検診をすることは不可能です。
そこで、神奈川県立がんセンター等で手術、化学療法を行った患者さまで、治療が一段落した方の術後の定期検診も当科でお引き受けしています。

乳房に関するご相談、乳がん(治療前、治療後問わず)についてのご相談があれば、
どのような相談もお受けします。遠慮なくお申しけください。

担当医

清水 哲 横浜鶴ヶ峰病院 (月曜日 午前・午後)
       鶴ヶ峰病院附属予防医療クリニック (火曜日 午前・午後)

職歴
神奈川県立がんセンター乳腺外科部長

診療科のご案内

※各診療科名をクリックしていただくと、詳細情報をご覧いただけます(黒文字の診療科は除く)
外来診療スケジュールを確認する