当院について

理事長挨拶

YTH_2nd_0530

理事長 島田 畯介

昭和57年6月15日に横浜市旭区川島町に『鶴ヶ峰病院』を設立以来、順天堂大学病院創設以来の一貫した基本精神である「名医たらずとも良医であれ」という信念の基に、現在に至っております。
平成6年には昭和大学藤が丘病院消化器内科の藤田力也教授や佐竹儀治助教授の指導の元「内視鏡センター」を開設し、神奈川県内における内視鏡センター的役割を担ってきております。
平成11年には病院名を『横浜鶴ヶ峰病院』と変更いたしました。
横浜市旭区は65歳以上の老人が集中している地域なため、整形外科・眼科・歯科・泌尿器科も充実させており、また介護療養型医療施設も併設しております。
平成18年7月1日法人化し、医療法人順正会が誕生いたしました。
患者さま本位の医療サービスの提供に徹し、各科ドクターは皆様の主治医として職員一同日々努力していく所存でございます。

院長挨拶

健康の奥義は何だろう。日本で一番長生きする職業は、坊さんである。
その生活は、規則正しい起床、よく働く、節制された食事、心の整理整頓、深い睡眠などがすぐに心に浮かぶ。
これらが重要なことは、すでに江戸時代のベストセラーの貝原益軒の養生訓に記載されている。
近年、分子生物学レベルでこれらが正しい事をどんどん証明してきている。
食事・運動・睡眠・精神状態、この中で一番大切なのは、言うまでもなく精神状態である。これが、全てといっても過言でない。
戦前の書物は、どんな物語にも仏教色が漂う。戦後はどうだろう。
多くの日本人から書物で消えた仏教色が失われている。

若い時には、健康維持は簡単である。
老人においては、どうだろう。
老化、病気というストレスに対して準備出来ているだろうか。
今こそ、生老病死の哲学が必要な時代である。
多くの患者に寄り添って共に道を歩んでいきたい。

院長 石山 泰二郎

理念と基本方針

医療理念

  • 患者さま一人一人の生命を尊重し、人間としての尊厳と権利を守ります。
  • 地域との連携を図り、地域住民のための包括的医療(保健・医療・福祉)を実践します。
  • 医療人としての自覚と誇りをもち、「不断前進」の精神で創造的な前進と改革を進めます。
about_idea_img01

基本方針

  • 患者さまの立場にたった安全かつ良質な医療サービスを提供するよう努力いたします。
  • 患者さまのプライバシーの保護と尊重を心がけます。
  • 健康維持のための健診を中心とした予防医学に力を注ぎ、病気の早期発見と予防に努めます。
  • 患者さまの安心と満足が得られるよう、わかりやすい説明と正しい情報提供を行います。
  • 常に健全な経営に努めるとともに、明るく活力のある職場を目指します。

看護方針

患者さま及びそのご家族に、信頼され満足していただける心のこもった看護サービスを提供することを目指しております。
そのため、新卒ナースには1年間先輩ナースが指導にあたり、部署全体でバックアップをします。その他現任教育は教育委員会が企画・運営にあたり、院内での勉強会の実施・外部講師による研修会の開催をすることにより、専門職業人としての「知識」「技術」の向上と、人間として成熟するための学びのテーマをプログラムしています。また、院外研修においても横浜中心地に近いこともあり、看護協会や神奈川県主催の研修会にも積極的に参加してもらい、自己啓発・キャリアアップを支援しています。
  • 常に患者さまの立場に立って、思いやりのある対応に努める。
  • 組織人としての自覚と、経営参画意識を持つ。
  • 看護師として自己研鑽を積み、知識と実践力の向上を図る
  • 医療を取り巻く社会環境に柔軟に対応する。

看護部長 細田 照代

施設基準(平成28年4月1日現在)

当院は厚生労働大臣が定める基準による看護を行っている医療機関です。
以下については厚生労働省関東信越厚生局長に届出済です。

基本診療に係る届出事項

  • 一般病棟(2棟) 10対1入院基本料 看護必要度加算3
  • 急性期看護補助体制加算25対1
  • 夜間急性期看護補助体制加算50対1
  • 歯科外来診療環境体制加算
  • 救急医療管理加算
  • 重症皮膚潰瘍管理加算
  • 患者サポート体制充実加算
  • 感染防止対策加算2
  • 病棟薬剤業務実施加算
  • 無菌治療室管理加算2
  • 無菌治療室管理加算1

特別の療養環境に係る料金

室料は1日毎の料金(税込)

個室(9室) 16,200円
4人室(1室) 10,800円
4人室(10室) 5,400円

神奈川県指定難病医療機関

特掲診療料に係る届出事項

  • ニコチン依存症管理料
  • がん治療連携指導料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • 薬剤管理指導料
  • コンタクトレンズ検査料1
  • 画像診断管理加算2
  • 外来化学療法加算1
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)に掲げる手術
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
  • 冠動脈CT撮影加算
  • CT撮影・MRI撮影
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
  • 人工関節置換術
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 在宅時医学総合管理料又は特定施設入居時等医学総合管理料
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅲ)