ご利用案内

リハビリテーション科

理学療法は、歩く、立ち上がるなどの基本動作の回復プログラムや、痛みや麻痺などに対して電気療法や温熱療法などの物理療法を合わせて、運動機能・動作能力の改善や維持を図る治療を提供します。

関節可動域練習

骨折などの外傷で関節を固定したり、病気などで長期の寝たきりになった場合、身体の関節を動かすことがなくなったり、少なくなったりします。
そうなると関節が硬くなり、放置するとそのまま動かなくなってしまいます。
硬くなった関節を動かし、筋力を発揮しやすくして身体の動きを良くしていきます。
ストレッチングなどを行い、筋肉を伸ばしたり収縮させることで柔軟性を上げ、痛みも軽減し、関節も動かしやすくなります。

筋力増強練習

なんらかの障害により、筋力低下が起こり日常生活に支障が出る場合、筋力増強練習を行います。
筋力を増強させるには、負荷が必要です。
負荷のかけ方には様々なものがありますが、重力を利用するものや、ゴムなどによる弾性を利用するもの、油圧や空気圧による抵抗を用いるものが一般的です。
当院では、ゴムバンド、重錘など、個々の症例に応じて、多様な筋力増強法をご指導させていただいています。

バランス練習

人が運動している時や、重力に対して傾いた状態にある時にこれを察知する働きを平衡感覚と言いますが、これが障害される状態がバランス障害です。
脳卒中やパーキンソン病などの中枢神経の疾患で著明に低下する時がありますが、高齢者でも徐々に自然にバランス能力が低下し、転倒の原因となる場合もあります。
個々のバランス障害のある症例を評価し、適切なバランス練習を実施しています。

物理療法

物理療法は温熱療法、牽引療法、電気療法等に分類され炎症や症状を改善し回復を促進していくことができます。
物理療法は運動療法や機能訓練など他の治療とともに利用されることが多くあり、適切な物理療法と他の治療法を組み合わせることで、より高い治療効果を得ることができます。

温熱療法:患部を温めることで疼痛を緩和し、血液循環を改善します。

牽引療法:脊椎の離開による圧力を減少、脊椎の圧迫や神経根の圧迫の軽減、疼痛性の筋硬結の軽減などにより痛みの軽減が期待できます。

電気療法:患部に電流等を流し、疼痛をコントロール、患部の治癒を促進します。

担当医

宮原 真(科長)

出身大学
新潟大学医学部卒業
専門分野
一般整形外科
取得資格
日本整形外科学会専門医

診療科のご案内

※各診療科名をクリックしていただくと、詳細情報をご覧いただけます(黒文字の診療科は除く)
外来診療スケジュールを確認する