ご利用案内

糖尿病内科

図4糖尿病は、生活習慣病として日本人の健康障害の主要な原因となっています。糖尿病の診療においては、同じ生活習慣病としての高脂血症・高尿酸血症の診療も同時に行っていきます。

診療方針

糖尿病は、眼・神経・腎臓・皮膚疾患などの合併症が多くみられ、特に眼の合併症は日常生活において重大な問題となるため、眼科と連携して治療を行います。また、栄養士による食事指導・運動療法の指導を行い、生活習慣の改善を図ります。

対応疾患

生活習慣病はもちろん、全身倦怠感、食欲不振、体重減少、浮腫、発熱、胸痛、動悸、呼吸困難、腹痛など。

担当医

阿部 総太郎(医局長)

出身大学
順天堂大学
専門分野
内科一般・糖尿病
取得資格
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医

診療科のご案内

※各診療科名をクリックしていただくと、詳細情報をご覧いただけます(黒文字の診療科は除く)
外来診療スケジュールを確認する